入門ハードルアーアジング!~加来 匠【PART1・桟橋で釣り比べ開始!】

入門ハードルアーアジング!~加来 匠【PART1・桟橋で釣り比べ開始!】(anglingsaltサンより)

★アングリングソルト2017年1月号・誌面連動動画
PART2はこちら https://youtu.be/KtyCmyAhNXc
アジングゲームにおけるスタンダードルアーは小型ワームであることに間違いはない。そのフィネスな釣りの魅力もたくさんあるが、ここではあえて小型のメタルルアーによるアプローチを紹介してみたい。ワームにはワームの、ハードルアーにはハードルアーの良さがあり、その双方を理解することで、納得できる釣果を手にすることができるのだ。

PROFILE
LEON
加来 匠(かく・たくみ):早くからルアーによる港湾部の釣りにゲーム性を見いだし、主にメバリングやアジングの様々な基礎を構築してきた。その興味と研究心は尽きることなく、その洒脱なフィッシングスタイルを含め、かつての常識を打ち破るような斬新な釣法を次々と発表し、今もなおカテゴリーの最先端を走る伝説的なライトゲームオーソリティ。

●参考タックル
ロッド:6.1フィートプロト(インクスレーベル)
リール:EXIST2506H(ダイワ)
ライン:ロンフォート リアルデシテックス0.3号(YGKよつあみ)
リーダー:シーガーグランドマックスFX1.2号(クレハ)
スナップ:となりのあいつSS(ブリーデン)
ルアー:バイスライダーなどメタル各種

フェイスブックはコチラ! http://www.facebook.com/AnglingSalt
ツイッターはコチラ! http://twitter.com/#!/anglingsalt
アングリングソルトはDVD&動画連動企画満載で絶賛発売中!

カテゴリー: アジング, アジング入門, 未分類 パーマリンク